2008年7月25日 (金)

地震

昨日、岩手でまた震度6強の地震。

まずは、被災された方には心からお見舞い申し上げ ます。

このところ、各地で地震が多い!しかも、かなりデカイのばかり。

こればかりはコントロールも予測も出来ないので、本当に怖いです!

ウチで一番怖いのが、やっぱり地震なのです。

地震が来たらあきらめるしかないのです~despair

ところで、今回の岩手の地震、震源が深かったため、少し前の地震よりも被害が少なかったとか?

震源の深さが被害に影響するという話は、以前から知っていたので、改めてその影響力が証明されたということですね。

ほぼ間違いなく起こるであろう「東海&東南海地震」。

覚悟はしているものの、出来れば震源が深いところで起こってくれることを祈るばかりです。

2008年7月11日 (金)

よその天気予報

天気オタクの私は、海外の天気にも興味深々!

そこで、イタリアの友人(おいしいオリーブオイルの生産者)ダヴィデにお願いして、

彼が普段見ているイタリアの天気サイトを教えてもらいました。

ネットでサイトを探すのですが、やっぱり大雑把な情報しか見つかりません。(きっと検索方法が下手なのでしょうが・・・)

やっぱり地元の人が見ているのが一番!と思いお願いしたら、イタリア語ですがこれは面白いです!

イタリア各地の天気・気温はもちろん、近隣ヨーロッパ各国の天気が見れます!

単なるオタクの趣味なのですが、一方でワイン産地の天候の状態を随時チェックできるので、私の場合、趣味と仕事を兼ねています。

特にこれから収穫を向かえ始めるので、天候や気温が重要です。

収穫後にその土地や国からオフィシャルな収穫情報が発表されますが、これが結構いいかげんで、都合の悪いことは正確には伝わってきません!(どこの国も一緒ですね!)

ならば、自分でその土地の情報を毎日チェックすれば、何より確かな判断ができるわけです。

私は毎日のようにチェックしています。ポイントは、天気はもちろん、最高気温と最低気温です。

あなたの好きなイタリアワイン産地の天気を、上記のリンクでチェックしてみてくださいね!

自分で確かめて、オフィシャルな情報に惑わされないようにしましょう!

2008年7月10日 (木)

天気オタク

私、結構な「お天気オタク」なのです。

子供の頃から空が大好きで、空を見上げては、雲の形とか、空の色とかをよく眺めたものです。

そして、スキーが趣味なので、シーズンになると雪が降るかどうかがとっても気になるので、いつも天気予報にかじりついています。

だから冬が好きで、冬型の気圧配置は小学生のころに知っていました。そして上空の寒気のようすもとっても気になります。

そういえば、気圧の単位が、「mb(ミリバール)」から「hp(ヘクトパスカル)」になったとき、とっても違和感があったのを覚えています。←どうでもいいことでした!

さて、梅雨明けも間近の今頃は、夏の主役「北太平洋高気圧」が勢力を増して、本州付近に張り出す時期ですね。

以前夏がキライだった私は、この太平洋高気圧が大嫌いでした。今でもあまり好きではありません。

コイツが張り出すと、とんでもなく暑いし、日中暑いだけならまだしも、夜が最悪!熱帯夜です。

亜熱帯の海育ちの熱い空気に覆われたこの高気圧は、湿度も高いので、夜間気温が下がらないのですね~。これがきつい!

これから、しばらく太平洋高気圧とお付き合いしなければならないので憂鬱です。

だから天気予報で気になるのは、太平洋高気圧の勢力です。強まったり弱まったりを繰り返すらしく、弱まった時には、涼を呼ぶ夕立が期待できます。

一雨あると、カンカン照りで暑くなった大地を一気にクールダウンしてくれて、何より夜が涼しくなるので、とてもうれしいです。

だからホント気になります。

暑くなければいけない夏ですが、ここ数年異常な高温に見舞われていますので、今年も太平洋高気圧君に、少しトーンダウンしてもらいたいものです!

ともあれ、熱中症などにはくれぐれもお気をつけ下さい。

PS:夏ばて防止には、「ウリ科」の植物が良いそうです。スイカとかきゅうりとか!どちらも大好きです!

2008年7月 9日 (水)

マリアさん半田に来る

お値打ちでおいしい!と大好評のスペインワイン「ユンテロ」の、輸出責任者「マリアさん」(名前が良いでしょ!名前だけじゃなくて人柄もとってもGOOD!)が、6月下旬ワインショップ‘ソムリッチ’に来てくれました!

突然決まったので、前もってお知らせも出来ないままだったのが残念でしたが、日本の片田舎を満喫いただいたようで喜んで頂きました。(彼女のいる町は、もっと田舎で人口2万人足らずだそうです。)

彼女、日本が大好きで、特に日本食は何でも来い!

今まで、海外で日本食レストランにはよく行ったりしたらしいのですが、日本へ来た時も、連れて行ってもらうのはフレンチやイタリアンなど洋食のレストランばかりだったそうです。

それならば、今回は、完全日本食のレストランに連れて行ってあげよう!と思い、店の近くの有名店「ひらめ亭」さんへご招待しました。

23_001

 

エビフライにしようか?と思いましたが、やっぱり私たちが普段食べる日本食ということで、刺身もありの、定食にしました。

驚いたのが、刺身はもちろん、モズクもたくわんなどのお漬物も全てペロリとたいらげちゃうところ!

今までも何度か外国人と食事をしましたが、たいてい何か2~3種類はダメで残したものですが、マリアさんは完食!

ブラボーでした。

しかも「おいしい!おいしい!」を連発。「味噌スープは大好きです」と赤だしの味噌汁も喜んで飲み干しました。

何より「本当の日本食レストランで食事を出来てとてもうれしかった」と、和風のランチョンマットや箸入れまでも大切に持ち帰っていました。

その後、近くの「桧原公園」に案内して、アジサイの咲く中、少し散歩して展望台に!ここでも、初めての景色に大喜び!

23_009

彼女の出身も現住所も、会社(ワイナリー) のある「ラマンチャ」です。

ボデガス・ユンテロの写真です

New5_2

ラ・マンチャは、内陸性の気候で、夏はとても暑くて乾燥し、冬は寒い気候です。

何より乾燥しているので、荒涼とした岩や砂地が一面に広がる砂漠のような土地です。

ブドウ栽培にとっては最適な条件なのです。昼は焼け付くように暑く、夜は結構気温が下がります。とても乾燥しているので、ブドウをはじめ、作物が病気などになりにくく、農薬などの薬品がほとんど必要ありません。

その結果、安全で健全なブドウを収穫することが出来、おいしく安全で、お値打ちなワインが出来上がるわけです。

でも、このラ・マンチャならどこでもユンテロのようなワインが出来るのか?というとそうでもありません。

他にもたくさんワイナリーはあるのですが、ユンテロ以外で「これは!」と思えるようなワインに出会ったことがあまりありません。

もちろん価格を無視すれば、そりゃ~ありますよ!でも、ここほどコストパフォーマンスに優れているワインは、今のところ見つかりません。

他のワイナリーのものを試飲してみると、多くの場合「ブドウが焼けたニュアンス」があるのです。暑い土地ですから、それなりに気を使わないと、ブドウが太陽で焼き尽くされてしまうようです。

こうなると、瑞々しい果実味には程遠い、ブドウを焼いたようなバランスの良くない=おいしくないワインとなってしまうのです。それを防ぐには、やはり人間の目を配って、健全でおいしいブドウを育てる努力が必要となります。

いくつかのラ・マンチャのワイナリーのワインを試飲してきましたが、ユンテロほどエレガントでバランスが取れたものには、今のところめぐり合っていません。

マリアさんの人柄が製品に反映されているのではないか?と思わせるほどです。

人も好き、ワインも好きなユンテロ。これからもよろしくお願いいたしますね!

話がそれましたが、マリアさんにとって桧原公園のような緑溢れる場所は、あまり来たことがないようで、とても喜んでくれました。

こうして、異国の人との交流が出来るのも、この仕事をしているからこそ!

とっても良い時間を過ごすことが出来ました。

PS:今度来る時は前もって言ってね!と伝えておきました。

2008年7月 8日 (火)

熱帯夜

数日前までは、梅雨明けを思わせる猛暑でしたが、まだ完全に明けていないようですね!

やっぱり、私が珍しく毎日更新などするから、高気圧も衰退してしまったようです(笑)

でも、暑い時のお湿りは、涼しくなってとっても重宝するので、いいこともありそうですね。

日中暑くても、一雨降ると、気温が下がり、熱帯夜から開放されますものね!

酷暑が続きそうな週間予報が出たら、雨を呼ぶようにマメに更新するようにしますhappy01

さて、私、季節としては冬が好きで、夏は苦手だったのですが、最近年のせいか?あるいはダイエットのせいか?分かりませんが、とても寒がりになった反面、夏の暑さもあまり苦にならなくなってきました。

それでも夏のイヤなのは、熱帯夜の寝苦しいこと!

エアコンつけて寝れば良いじゃん!

と言われればそれまでなのですが、エアコンつけて寝ると、翌日体がだるかったり、調子が悪かったりするものだから、あえて?エアコンつけずに寝ます。

やっぱり夏は出来るだけ汗をかいて、新陳代謝を高めたほうが体調が良いと思っています。熱中症になるまでガマンしてはいけませんが・・・

と言いたい所なのですが、何を隠そう、実は自宅の寝室にエアコンなるものがないだけなのです!お恥ずかしい!

だから、付けたくても付けられず、必然的にエアコンなしの生活なのです!

でも、あっても体に良くないからきっと使わないだろうから、あえてつけないようにしているのです!(とっても苦し紛れ??)

ともあれ、酷暑の夏も、結局エアコンなしで過ごしてしまいます。汗をかきながら寝るもの苦痛な反面、結構体には良いような気がしています!

ただし、私の場合、自宅の隣が、まだ舗装されていない駐車場になっていて、風も結構入ってくるので、風さえあればそれほど苦になりません。

是非お試し下さい!といいたいところですが、自己責任でお願いしますね。熱中症にでもなったら大変ですから!

何事も慣れとはいえ、きっと東京とか、名古屋の都心部では、とても無理なのでしょう!

2008年7月 7日 (月)

七夕

今日は七夕!

毎年梅雨の最中なので、たいてい織姫さんとひこ星さんを見ることが出来ないことが多いのですが、今年はこのところ晴れが続いていたのでどうかな~?といったところでしょうか?

天気予報では、曇り!

う~ん、なんとも微妙です。

今晩天の川が見れるところにいけそうにありませんが、晴れていたら夜空を見上げてみようかな?

ところで、子供が保育園のころ、毎年笹飾り?を作ってきて、短冊にお願い事を書いたものですが、今ではそれもなくなりました!

と思いきや、先日息子が児童センターへ遊びに行ったところ、そこで作って持って来たのです。

Photo

なんだか懐かしくてちょっとうれしかったです。

2008年7月 5日 (土)

6周年!

今日7月5日で、ワインショップ‘ソムリッチ’は開店6周年を迎えることが出来ました。

あっという間の6年間、ここまで支えて下さった皆様に心より感謝いたします。

これからも、より分かりやすく、楽しく、ワインを通じて幸せで豊かな暮らしのお手伝いをさせて頂けるようベストを尽くしてまいりますので、今後とも引き続きのご愛顧賜りますようお願い申上げます。

なお、6周年記念セールも開催中です。是非ご利用下さい。

2008年7月 3日 (木)

最近良くしゃべる。

最近、珍しく立て続けにアップしています。

少しタイトルに近づいて「よくしゃべる」ようになったかな?と自画自賛しております。

いつまで続くやら・・・

そのせいか?雨が多いですね~。雨が多いのは、マメに更新している私のせい?

ご容赦下さい。

晴れるようになったら、いつも?どおり更新も滞るかも?

そんなことではいけませんね!がんばります。

2008年5月26日 (月)

お別れ

昨日8年間お付き合い頂いた友達(お客さん)のお別れ会をしました。

転勤で大阪に行くそうです。

まさか転勤があるとは思っていなかったようで、本人はもちろん私もビックリでした~。

その方はソムリッチの開店前からのお付き合いだったので、余計に寂しいです。

今年、なぜか転勤の方がとっても多いです。しかも仲の良い人が・・・

「出会いがあれば別れもある」
分かっちゃいるけど、やっぱり寂しいですよね~。

寂しい反面、また新たな出発と出会いがあるわけですから、本当は祝福すべきなんでしょうね!新天地でもがんばって欲しいです。応援しています。

またこちらにお越しの際には絶対に寄ってくださいね!

2008年4月29日 (火)

霜害

4月6日と7日の寒波の影響で、各地で霜による被害が相次いでいるようです。

フランス・ボルドー周辺では、気温が-5度近くまで下がり、若芽の出ていたブドウの樹を直撃したそうです。

被害は、畑の区画や日当たり、ブドウ品種などによってずいぶんと差があるようで、中には若芽がほとんど凍ってしまい、収穫の見込みが無くなったという畑もあるそうです。

ボルドー周辺地区では、全体として15~20%の畑が被害にあったといわれています。

同じフランスで、ロワール地方のミュスカデ地区でも、同様の被害が出ているようです。

所変わってこちらはドイツです。

Img_simo

気温がマイナス0.5度まで下がった4月17日のドイツ・モーゼル地方のブドウの芽の写真です。

発芽寸前の芽が凍っているのがはっきりと分かります。

ただ幸運なことに。芽が出た後の霜は、「遅霜」として被害が大きくなりますが、発芽前のこの程度の寒さは、被害もなく、ぶどうの生育にも影響はないそうです。

ここがドイツだったから霜害から免れたというわけですね。

微妙なタイミングで吉と凶が分かれてしまう!

自然相手の宿命ですね。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック